緑内障の特徴と早期発見

緑内障の特徴と早期発見・対応の重要性

MENU

緑内障の特徴と早期発見・対応の重要性

 

視覚障害の原因として日本では第一位となっている緑内障。見えにくさが一番の症状であり、どんどん進行するのが特徴となっています。身内に緑内障の患者がいると、高率でなりやすいというのも特徴の一つです。

 

はじめは自覚症状がないということが多く、眼科を受診して偶然見つかるということも少なくありません。定期的に緑内障の検査を行っている場合には早期発見もできるでしょうが、大抵が症状が進んでから見つかるということが多いのです。

 

早期に緑内障を発見するのであれば、リスクが高まるとされている40代以降に、定期的な眼圧検査を行うことが重要です。それだけでも兆候を発見することができるかもしれません。

 

日常生活にどれだけ不便さが及ぶかは、発見のタイミングとその後の措置が大きく関与します。少しでも見えにくいという症状を未来に残さないためには、早急な対応が大前提となるのです。

 

治療といっても症状の進行を抑えるに過ぎないというのも緑内障の特徴とされています。つまり、一度診断を受けると生活調整を行いながら、いかにして進行を遅らせるかがポイントになるのです。急速に症状が進んでしまうこともあるので、特に眼圧の向上には配慮が必要になるでしょう。

 

更新履歴